作ったからには見せたい!ホームページを検索サイトに載せる方法

URLを検索サイトのフォームから送る必要がある

ホームページに必要なファイルをウェブサーバーにアップロードすれば、その時点で世界中からファイルにアクセスできるようになります。ただ、この段階ではいろいろな人にコンテンツを読んでもらうことはできません。というのは、検索サイトにデータが存在しないからです。レンタルブログなどのように、企業が運営しているサーバー上でホームページを開設した場合はなにもしなくても検索サイトのロボットがやってきてデータを取得していきますが、個人がレンタルサーバーでホームページを作った場合は、検索サイトにアドレスを登録する必要があります。
登録の仕方は検索サイトによって変わってきますが、基本的にはただURLをフォームに入力して送信するだけです。

クローラーがやってきたあとに検索結果に表示されるようになる

URLを送信すると、しばらくして検索サイトが送り込んだロボットによるアクセスがあります。このロボットはクローラーとも呼ばれ、ホームページのデータを集めて検索サイトに送ります。そのあと、検索サイトが内容を分析して検索結果で表示されるようになるのです。そうなれば、ホームページのタイトルや見出し、掲載したコンテンツに含まれている言葉で検索され、検索結果から訪問者が流入してくるようになります。
では、検索結果に表示されるようになるまでどれぐらいかかるかというと、早ければ数週間、だいたい一ヶ月もあればクローラーによるデータの収集が行われ、検索サイトに登録されるので、それまでの間、コンテンツをしっかりと作り込んでおくといいでしょう。