メモ帳で簡単!ホームページを検索サイトに載せよう!

ホームページはメモ帳で作れる!

ホームページを作るには特別なアプリケーションが必要だと思ってはいませんか。
実はパソコンを購入した時に既に入っているアプリケーションにて作ることができるのです。
必要なアプリケーションは、「メモ帳」と「インターネットエクスプロラー」のみ。これなら誰もが持っているアプリケーションですよね。
ホームーペジを作るには「HTML」というプログラミング言語の習得が必要になります。プログラミング言語とはいっても、<html>や<head>、<titile>などヘッダとして記載する決まり事を少々思えるのみで簡単です。
メモ帳でHTML文書を作成して、インターネットエクスプロラーで確認すればOKです。
ホームページを公開するには、サーチエンジン会社などに無料でアップロードできるサーバーが用意されています。

検索エンジンにて表示されるようにしよう

検索エンジンには、「ディレクトリ型検索エンジン」と「ロボット型検索エンジン」の2種類があります。
ディレクトリ型検索エンジンは有名なインターネット検索サイトにて利用されていて、登録申請されたホームページを人の手にて的確にカテゴリに分類して登録してゆきます。日本で利用できる検索サイトでは、複数のトップカテゴリに分類されていますので、登録依頼するサイトのにようにできるだけ近いサブカテゴリを選んで登録依頼申請をします。
世界的には、ロボット型検索エンジンを使用しているサーチエンジンも広く多くの人に使用されています。自動巡回プログラムがホームページのデータを自動収集してデータベース化するのです。この場合は、HTMLファイル内の「メタタグ」を利用します。メタタグを使用することで、サイト所有者情報やキーワード、紹介文・ページの概要などを記載しておくと、約1ヶ月程度で検索エンジンに表示されるようになります。