SEOとは?ホームページを検索サイトに引っかかりやすくする仕組み

検索サイトが検索結果でサイトを並べる仕組み

インターネット上でホームページを探す場合、検索サイトを利用するのが一般的です。その際、野球について知りたい場合は「野球」というキーワードを入力することになりますが、検索結果に表示されるサイトは見事に野球に関して重要度が高いところになります。具体的に言うと、プロ野球の球団サイトや、プロ野球選手のブログなどが上位に表示され、たまたま野球というキーワードが書かれた一般人のサイトが上位に表示されることはありません。
これはなぜかというと、検索サイトのシステムが、ウェブサイトの文章を分析し、どのテーマについて書かれているかを割り出して、重要度が高い順に点数をつけるという風になっているからです。つまり、野球がテーマになっているのか、それともたまたま野球というキーワードが書かれたのかサイトごとにチェックしているのです。

SEOをうまく使えば特定のキーワードで検索する人を呼び込める

このシステムを利用したのがSEOです。検索サイトがどうやってサイトのテーマを割り出しているのかというと、たとえば、特定のキーワードが複数書かれている、あるいは重要な場所に存在するといったところを見ています。野球というキーワードが一つしか書かれていないサイトより、三十個書かれているサイトの方が野球について詳しい、サイトのタイトルに野球と入っていれば、より専門的なサイトである可能性が高いといった風に自動分析しているのです。
SEOは、タイトルや見出しといった部分に検索サイトから流入してほしいキーワードを置き、また、コンテンツにも複数書くことで、特定のキーワードで検索された場合に上位に表示させるというテクニックで、うまく使うことでアクセス数を増やすことが可能になります。